VIO脱毛

VIO脱毛のエステと医療機関での効果の違いについて

最近若い世代を中心として人気が出ている脱毛ですがその中でも自己処理のわずらわささや、トラブルのリスク回避の目的で特に人気が出てきているのがVIO脱毛です。VIO脱毛はいわゆるデリケートゾーンと呼ばれるエリアの脱毛で、海外では処理をしていることがマナーと言われるほどでほとんどの方がこのエリアを処理していますが日本では若い世代を中心としてこのエリアの脱毛を行う事が浸透し始めたばかりといえます。
そんなVIO脱毛ですが脱毛を行うためにはエステサロンで施術を受けるか、もしくは医療機関で受けるかの2パターンがあります。エステサロンでの脱毛は一般的に光を用いた光脱毛と呼ばれる方法で医療機関で受ける脱毛はレーザーを用いたレーザー脱毛と呼ばれる方法で施術が行われます。この2つはムダ毛にのみ反応する特殊な光やレーザーを用いてダメージを与えることでムダ毛を処理していく方法で、どちらも大まかに言えば同じ原理です。それでは、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。
VIO脱毛のエステと医療機関での効果の違いについて
エステサロンの光脱毛と医療機関のレーザー脱毛の大きな違いはその効果にあります。もちろんどちらもムダ毛を除去出来るという点では違いはありませんが、完了するまでの期間に違いがあります。
基本的に医療機関での施術に用いられるレーザーは医療行為とされているほど出力の高い光を用いています。そのため、1度でムダ毛に与えることが出来るダメージも大きいため完了までに要する日数が少なくて済みます。だいたいVIO脱毛を医療機関で行った場合は6回程度で完了することが出来ます。これに対してエステサロンで用いられる光脱毛はレーザーに比べて弱い出力で施術が行われています。そのため、VIO脱毛のようにムダ毛が濃くて太い個所の脱毛を行う場合、施術回数が多く必要になってきます。だいたい回数で言えば12回でレーザーと同様の状態にできると言われています。
このように同じ個所の脱毛を行う場合でも施術を受ける機関によって1回の施術で得られる効果が異なってきます。この点が2つの脱毛の一番の違いだと言えます。また、レーザーは光より値段が高い代わりに永久脱毛と呼ばれるように2度とムダ毛が生えてくることはありません。これに対して光脱毛は値段が安い代わりに永久的な脱毛と呼ばれており、絶対にムダ毛が生えてこないとは言い切れないという違いもあります。どちらの方が自分にあっているかは人によって異なりますのでよく考えて決めることをおすすめします。