ハイジニーナ

VIO脱毛でハイジニーナになるメリットとデメリット

 

VIO脱毛でハイジニーナになるメリットとデメリットアンダーヘアのお手入れが当たり前になった現在、脱毛サロンでVIO脱毛することも珍しくありません。全てのアンダーヘアを処理してしまうハイジニーナは海外では当たり前ですが、日本人の考え方や文化には少々合わないという考えも頭をよぎります。ハイジニーナには「清潔」という意味があるように、VIO脱毛の最大のメリットはその清潔感です。女性でもデリケートゾーンの臭いや蒸れは気になるものですが、アンダーヘアがないということは蒸れや臭いだけでなく、下着の汚れ防止や生理の時の経血による不快感の軽減などにも役立ちます。衛生面だけでなく、好きなデザインの下着や水着を自由に着ることができるなど、ファッションの幅も広がります。デメリットについては、その人の考え方次第という部分が多くなります。やはり、デリケートゾーンを施術者に見せなければいけないことを恥ずかしいと思う気持ちが快適さを求める気持ちに勝る場合もありますし、痛みや炎症など肌の弱さがネックになる場合もあります。特にデリケートゾーンは粘膜に近いため、痒みや赤みが出やすい部分です。長くアンダーヘアに覆われていたため、下着が擦れてチクチクするということもまれにありますが、時間が経てば解決していきます。恥ずかしさには、日本文化特有の温泉や銭湯などに行ったときに感じるものがあります。つるつるの状態は大人としては不自然なことであるため、周りを気にしてしまうということが人によってはあるはずです。そして、それはパートナーという存在にも関係してきます。外国人などはハイジニーナであっても特に驚くことなく受け入れてもらえますが、日本人男性の場合はその評価は別れるところです。何もしていないことがイコール清楚である、という間違った印象を持っている男性もいまだにいますので、相手次第ではVIO脱毛でもフロントだけは少し残しておくなどの小技を利かせておいた方がいいかもしれません。特に永久脱毛は一度つるつるにしてしまうと発毛させることは不可能ですので、よく考えて決定することが必要です。現在の環境やパートナーのことだけでなく、将来子供を産むとき、介護を受けるとき、などまで考えていくということもポイントです。とはいえ、女性にとってムダ毛が少ないということはそれだけお手入れのしやすさも衛生面も向上するので、どうしようか迷っている場合は一度カウンセリングを受けてみることをおすすめします。